そばにいる、負けない気持ちを支えてくれる味方

相談件数が増えている

医療トラブルの相談件数の推移について

 病院や医院などで医療関係者が起こしてしまった医療トラブルの相談件数は、平成25年度で見た場合全国で約2万2千件を超えています。そのうち医療行為及び医療内容に対する苦情件数については約8千4百件ほどとなっています。  この数字は、前年度からは減ってはきていますが未だに相当数の医療トラブルについての相談が報告されていることが現状です。  医療トラブルの相談を行う場合の料金の相場としては、無料相談を行っている法律事務所やその他の窓口もかなりありますのでそれらを活用していきます。  そこから弁護士に依頼することになった場合の弁護士費用については着手金が50万円ほどかかります。報酬としては、100万円程度となっており証拠金については20万円ほどというのが平均的な相場です。  それよりも安くすむ法律事務所もあるのですが、現状ではかなり高額でありまた訴訟などを起こすという場合には長期化する傾向があります。

弁護士に依頼をしたときの取り組み方

 弁護士は相談を経て正式に医療トラブルについての依頼を受けた際には単独ではなくチームで組んで対応を行うことを基本としています。   医療と法律の知識を駆使して医療トラブルが医師のミスによるものかどうかを実証するために時間と労力を使っていきます。ですので、どうしても長期化については仕方ないところがあることを留意しておきます。  医師の鑑定などを必要とする場面もありますので、平均相場の値段よりももう少し支払額は多くなります。予算的にはおよそ200万円程度と見積もっておけば一通り調べてくれることが多いといえます。  なお、弁護士へと支払う額については裁判によって医療ミスだとはっきり認定され慰謝料を得る判決が出た場合に支払います。

医療トラブルに対処する。

 皆さんは医療トラブルについてのニュースをご覧になったことがあるでしょう。そのようなニュースを見て、もしそれが自分に降りかかったら戸思うとぞっとさせられます。私たちは様々な機会に医療機関の助けを借りなければなりません。そのような時にトラブルに巻き込まれたとしたら、どこに相談すればよいのでしょうか。自分の考えで何とかしようとしたり、友人の意見に左右されたりして問題を大きくしてしまうことは避けたいものです。   最近ではインターネットで様々な情報を集めることができます。医療トラブルの事例や、どこに相談すればよいのかといった情報も自分で簡単に調べることができます。さらに国や市町村にも、そのような相談を受け付けているところがあるかもしれません。そのようなところに問題を持ち出すことは、解決の糸口になることでしょう。

トラブルについて相談するにあたって。

 医療トラブルに巻き込まれたら、専門家に相談したいと誰でも思うことでしょう。最近では様々な救済サービスが用意されています。本当に便利な世の中になってきたということができます。裏を返すとそのような問題が頻発しているといえるのかもしれません。インターネットで検索すると、様々な機関が列挙されています。医療安全支援センターというものも存在するようです。また様々な医療トラブルの法律相談について扱ったサイトも存在します。そのようなサイトの情報は、正しいものを見極めることが必要ではありますが、参考になることでしょう。  また、知恵袋や口コミのようなものの意見をまとめたサイトも存在します。そのようなサイトの情報も、信頼できるものを見極めることが慣用ですが、参考になることでしょう。そのような今の時代ならではの様々な便利なものを活用して、いろいろな問題に首尾よく対処していきましょう。

弁護士が対応

医療トラブルに巻き込まれた場合は、弁護士の力を借りて行くことが大切です。相談に対応してくれる事務所は沢山あるので、それぞれの特徴を踏まえていきながら絞り込んでいくことが大切です。

詳細はこちら

対策案を決めておく

医療トラブルに遭遇してしまったら、弁護士と相談を行なって行き、どのように解決するのかについて決めておくようにしましょう。また、相談窓口の数も増えていっています。

詳細はこちら

専門家に相談

医療トラブルはいつ自分の身に起こるのか分かりません。いつでも対処できるように知識を得ておくことが重要になってきます。また、無料で相談できる窓口もあるので頼ってみましょう。

詳細はこちら

示談交渉のリスク

示談交渉など相手と相談を行う場合は、専門知識を持っている弁護士を同席させていくことが大切です。自分達で行なうと相手のペースになってしまったり、話を上手く進めていくことが出来なくなります。

詳細はこちら

深刻な状況

医療トラブルは深刻になっているので、それに伴い弁護士への需要も高まってきています。適切なアドバイスがもらえるように、弁護士をじっくり決めていくようにしましょう。

詳細はこちら